2017年10月7日(土)・8日(日)・9日(祝)の三日間、
「2017近畿フィギュアスケート選手権大会」を観戦してきました。

この大会で勝ち残ると西日本大会へ、そして全日本へと進んでいくんですね。

開催期間 : 2017年10月06日 ~ 2017年10月09日
会  場 : 兵庫県尼崎市・尼崎スポーツの森

スケジュール

大会結果

 

ISUJapan Skating Federation Official Results & Data Siteさんより
男子・ジュニア男子のみ抜粋。

シニア男子最終結果

ジュニア男子最終結果

 

スポンサードリンク

 

 

今回で近畿大会は三度め。
色々ローカル大会にも行くようになり
段々と雰囲気にも慣れてきました。

そうこうしていると応援している選手のバナー作りたいな。
フリフリしたいな・・・と思うようになり
友野一希くんとジュニアの須本光希くんの応援バナーを作りました!

tomono-SP

tomono-FS

友野選手のフリー演技は今大会での最高の盛り上がりで、
4S+2Tの鮮やかなジャンプを目の前で見れて気分は最高でした。
ジャンプだけでなく演技全体に引き込まれてしまい、もっともっと見ていたいと思うほどでした。
3Aはちょっと不調だと本人も言ってましたが、また調子を上げてきてくれると思います。
本人も気にしていたというフリーレッグも綺麗になってきたように思います。

 

sumoto-SP

sumoto-FS

須本選手のジャンプは定評がありますよね。
光希くんも3Aはちょっと不調だったようですが、
またピークをファイナルに合わせていく最中なのかもしれません。
演技は段々と力強さが増して来ているようで自信のあらわれかなと思っています。

ファイナルのチケットが手に入りますように・・・(。-人-。) オネガイシマス

 

そして両選手共に「優勝!」
須本くんに至っては、ショートが終わった夜に
グランプリファイナル出場が確定したと聞いて少々浮かれてしまいました(汗)。

友野くん、須本くん、おめでとう!!

友野一希選手バナーとサイン

しっかりお二人にあつまかしくもバナーにサインも書いてもらいました。

 

他にも色んな選手からサインいただきました。
もちろん坂本花織ちゃんも♪(テレビや氷上で見るのと違って華奢でびっくり!いつもニコニコ♡)
中村優くんも。(あの立つだけで絵になる落ち着いた美しい感じはなんなんだろう・・・みんなメロメロに)
本田太一くんも。(自分のことより妹さんたちの心配をする優しくて包容力のある瞳が忘れられません)
渡邊純也くんも。(ロミジュリ演技の手を伸ばしてアピールするところ、頂きました♡とそのあたりの全員が思っていたことw)

そしてジュニア女子、小嶋孝夏ちゃんの初々しい初サインを頂いて
「よっしゃ~!」と大人げない喜び方をしてしまい、あかんあかんもう少し抑えねば(汗)と反省したことも記録しておきます。(;´Д`)
とっても美しい演技をされていて年齢(14歳)を聞いてびっくりでした。

 

地方大会は普通に会場内や周辺で選手と触れ合える機会があるので、お話ししたり写真撮影やサインを頂いたりできるのも楽しみのひとつ。
でもフィギュアスケート全体の人気が出てきたせいか、表彰式が見れなくなったりと段々規制されてしまうのが悲しいところです。
西日本大会は今年から「有料(入場料3000円)」になってしまいましたよね。(´;ω;`)ウゥゥ 行けないけど・・・

 

尼崎スポーツの森について

最後に尼崎スポーツの森ってどんな会場なのかをメモメモ。

最寄りの駅からは車が必要。
シャトルバスはスポーツ施設の会員用なので公共機関のバスを利用します。
しかし、本数が1時間に1本あるかないかという状況なので早めに並ばないと超満員になることも。
最終日には隣の施設が文化祭のようなものを開催していてとんでもない混みようになりました。
帰りもバスは早めになくなるので、タクシーか自家用車が必要です。
※公共バスは最寄り駅ではなく阪神電車「出屋敷駅」になることも注意。

アクセス

大会開催中は夏日続きで暑いほどだったので、持参したダウンを初日着ていると汗かいていました。
翌日からは薄いカーディガンだけでOKでした。
ひざかけも寒がりじゃなければいらなかった感じです。

キツかったのが座席の固さです。
木でできた長椅子で、背もたれも低め。
腰のあたりが当たってすぐに痛くなりました。
私は後半、ひざ掛けを背もたれのところに掛けて痛さを軽減させていました。
お尻も痛く成るので厚めの座布団必須、背もたれ用に薄いクッションなりあればいいかもです。
(背もたれが低い分、お上品ではないですが席を離れる時そのまま跨いで上がれるのはちょっと楽でした。汗)

会場に入ってすぐはジャッジ側で2階席まであります。
向かい側は1階席のみで、今回は関係者・選手・家族専用になってました。
向かい席に行くためには一般席通路を通るので、選手やコーチが通るのを見てました。

ビデオカメラ!

カメラもビデオも会場内ではNGです。
後で選手に販売用のビデオを通路で見ていたら、キスクラがあることを知りました。
向かい側からしか見れないんですね。残念。
そしてジャッジ側の観客席を各選手の演技後に撮影していることもその時知りました。
まさかそのたび撮られているとは!!!Σ(゚д゚lll)ガーン

ぼーっとしていたらどこでカメラに狙われているかもしれません。
テレビ局のカメラはスタオべも要注意なんですよね(汗)。

そうそう、カメラといえば、
カメラマンの方々。
本田姉妹など人気のある選手、そして上位の選手のところだけ
ズラーーーーっとすごいんですが、終わると一瞬でいなくなります。
撮影したビデオをとっとと送らないといけないのか、
インタビューするためなのかわかりませんが、ほんと動きが速いです。

羽生くんの撮影で有名な田中さんも来ていらっしゃいましたね。
いいポジションで撮られていたので(きっと田中さん)テレビ用とはまた必要アングルが違うのかな?と思ったり。
NHK杯後の講演に参加予定なのでその時にローカル大会でのお話も聞けたらいいなあと思ってます。

 

また色々長く書いてしまいましたが、なにか参考になれば幸いです。

 

★ランキングに参加しています♪
ぜひこちらのブログランキングバナーをタップ(クリック)よろしくお願いします♪(*^^*)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村