GPS中国杯、衝撃の羽生くんフリー演技の翌週、11月12日(水)から大阪で開催されている

羽生結弦「氷上の飛翔展」。

hishouten04

私は精神的に見に行けるのか不安もありましたが、精密検査の結果もわかり、いくらか落ち着いただろうと自分に言い聞かせて行くことにしました。

羽生くんが着ていた衣装をこの目で見ておきたい。。。

その一心でした。

 

開催場所は大阪梅田にある「ヒルトンプラザウエスト」の1階。

hishouten01

私が行った日は風が強く寒い日だったので地下から入りました。

 

hishouten03

地下1階のホテルへの入り口に飛翔展の看板が。

 

hishouten02

中に入り、エスカレーターを上がると、白く囲われたスペースが目に入りました。

この中で写真パネル・衣装・メダルが展示されています。

 

中はもちろん撮影禁止。
丁寧な誘導に助けられながらスムーズに見ることができます。

私が行った時はちょうど人がはけた時だったようで、苦労せずじっくり見ることが出来ました。一周したあと、どっと人が増えたのでこれってタイミングなんだなあと。

中ではずっと止まっているわけにはいきませんが、何度も同じものを見に行くことは可能です。
私は衣装を何度も見に行きました。
目に焼き付けないと!って感じです。

ああ、写真撮りたい!
って何度も思いながら。

展示してある衣装は、「旧ロミジュリ」「青パリ散」「新ロミジュリ」の3種類。
ガラス越しに間近で細部まで見ることが出来ました。

傍らにはその時履いていたスケート靴も。
ノービス時の小さいサイズの可愛い靴もありました。
なんて愛おしい・・・これ胸キュンものです。

あと、ソチオリンピックの時に使っていたイヤホンと聞いていた音楽も展示されていました。

★ニュース動画はこちら

 

私のしがない記憶から衣装について。

「旧ロミジュリ」
私が羽生くんを認識したのがこの衣裳を着ていた彼で、羽生くん=旧ロミジュリの衣装でずっと来てました。

そんな愛着のある大好きな衣装なんですが、目の前で見ると、生地のカッティングやスパンコールの貼られ方に手作り感が見れて、もっと好きになってしまいました。
この衣裳の特徴である帯の宝飾のすごさに気合いを感じたり。

「青パリ散」
青いシャツ、何度も写真で見ているのに、見えていないんですよね。
蒼の濃淡のある生地にプリントされている大小の丸い模様とスパンコールでとっても綺麗でした。

黒パンの下からジャージによくある足かけ?が出ていたので改めてこうなっているのかと確認。
ベルトの使い古した感がなんともリアルでした。

「新ロミジュリ」
横に貼られている写真の衣装のほうが綺麗なんだけど・・・って思ってしまいましたが、羽生くんが袖を通すとパーーっと煌めくんですよね。

胸からお腹の部分がこんな綺麗なレースになってるんですね。
何度も見ているはずなのに目の前で見るとこんなだったっけ?って自分何見てたの?って感じでした(汗)。
この衣裳の特徴でもある黒のグラデーション、そして豪華な色とりどりの宝飾、斜めラインの美しさなど格別な衣装です。

手首周辺のデザインもグラデの中に絡みつく感じ、縛られるイメージを出しているのかな。
どこまで凝っているんでしょう。

羽生くんは普段の洋服には無頓着ではあるけれど、演技の衣装へのこだわりは半端ないんだと感じます。
美的感覚もきっと鋭い。もちろんジョニーのお陰もあるでしょうね。

そうそう、両脇に生息する「小鳥ちゃん」もしっかり見てきました。
これを見つけるとフッと笑顔になっちゃいます。癒される瞬間です。

kotori01

見えますでしょうか?
ちょうど脇のところに「黄色い子」が生息しているのですw

 

 

あと、メダルが3種類。

2012年のNHK杯金メダル(仙台)
2013年グランプリファイナル(福岡)
2014年世界選手権(埼玉)

のメダルだったと。

ソチオリンピックのメダルはなくてちょっと残念。

 

出口はその都度係りの人が開閉してくれます。
無料なので何度でも見れますから繰り返し入場もできますし、そのまま中でぐるぐるもできます。

11月18日(火)まで開催されています。

飛翔展

そして、外に出ると、なんやらもう一か所見るところがあるとか。
前にある「ヒルトンプラザイースト」内にあるらしい。
回転扉から外に出て横断歩道を渡り向かいのホテルへ。

hishouten08

あったのは等身大?羽生くんとの記念撮影コーナー。

 

hishouten05

いや、これ等身大じゃないでしょ!って係りの人に突っ込みながら皆さんが一緒に撮っているところを見てました。
誰もいないように見えますが、撮りもしないのに並んで自分の順が来た瞬間を撮ったものです(笑)。

私は身長も高い方なので、ちょっと小さ目(に見える)な羽生くんと並ぶ勇気はありませんでした(汗)。

 

hishouten06

大き目ポスターと、「覚醒の時」DVD宣伝の動画が流れてました。

 

hishouten07

「品切」て・・・

そして、私はもちろん初回限定版を持っているので通常版パッケージもほしいなあと思ったけれど、本屋さんには行かないままご飯食べに行きました。(汗)

 

気分が上がらないまま出かけましたが、着いてみるとTwitterにも写真を上げながら楽しめたと思います。
行動することでいい気分転換にもなったと思います。(*^^*)

 

今回の飛翔展での衣装を見て、「オペラ座の怪人」の衣装を思いだし、まだイラストを描けるレベルまでは回復してませんが、近いうちにきっと描きたいと思いました。

華やかで色気もあり赤と黒と白というカラーがとても印象的なデザインでしたよね。
羽生くんの新たなる代名詞になるかもしれないプログラム。

早く見れる日が来るように願っています。

 

 

★アクセスランキングに参加しています♪
ぜひこちらのブログランキングバナーをタップ(クリック)よろしくお願いします♪(*^^*)
  にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ にほんブログ村

 

※コメントはこちら

 

スポンサードリンク

 

 

★最新刊をチェック!